2つの第四のチョコレート。話題のルビーチョコとブロンドチョコを徹底比較!

第四のチョコとして、最近話題の「ルビーチョコレート」と「ブロンドチョコレート」。

どちらも第四のチョコレートと言われていて、実際の所どんなものなの?

といった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

第4のチョコレート「ルビー」「ブロンド」とは

第4のチョコレート?「ルビーチョコレート」

ルビーチョコレートは、ベルギーのチョコレートブランド、カレボーが2019年に発売した新しいチョコレート。

2018年にネスレが日本でルビーチョコレートを使ったキットカット「キットカット ショコラトリー サブリム ルビー」を発売したことでも話題になりましたよね。

初めはキットカットだけが独占してルビーチョコレートを販売する契約になっていて、一般に出回るようになったのは、2019年になってから。

そんな理由があって、最近第四のチョコレートとして話題になっています。

第4のチョコレート?「ブロンドチョコレート」

(C) Valhona

ルビーチョコレートよりも前に、第四のチョコレートとして登場したのが、ブロンドチョコレート。

ブロンドチョコレートはフランスの高級チョコレートブランド、ヴァローナが2013年から発売したのがブロンドチョコレート「ドゥルセ」です。

あまり見かけることがなかったように思うのは、ヴァローナが業務用チョコレートがメインであることがあります。

じわじわと、お菓子メーカーや街の洋菓子店でも浸透し、「ブロンドチョコレート」の表示を見かけることも多くなりましたよね。

【ルビーvsブロンド】2つの第四のチョコを徹底比較してみた。

ルビーチョコレートとブロンドチョコレートの2つのチョコレート。様々な視点から比較してみました。

ルビー・ブロンド:見た目・味わい比較

ルビーチョコレートは

  • 鮮やかなピンク色
  • フルーツのような爽やかな酸味

が特徴。

ブロンドチョコレートは

  • ミルクチョコとホワイトチョコの中間のようなブロンド色
  • ビスケットのような香ばしい香り
  • 塩キャラメルのような甘じょっぱい味わい

が特徴です。

ルビー・ブロンド:内容・成分比較

ルビーチョコと、ブロンドチョコ。主な成分はどうなっているのでしょうか。

ルビーチョコの主な成分は、カカオマス・カカオバター・粉乳・砂糖。

ブロンドチョコの主な成分は、カカオバター・粉乳・砂糖。です。

ここで注目したいのは

カカオマス

ルビーには入っていますが、ブロンドには入っていません。

 

それぞれを成分からこれまでのチョコレートに当てはめると

ルビーチョコレートはミルクチョコと同じ。

フロンドチョコレートはホワイトチョコと同じ。

なんです。

ルビー・ブロンド:発売時期比較

それぞれの発売された時期を比べてみると、

ブロンドチョコレート : 2013年

ルビーチョコレート  : 2018年

 

この順番をみると、第四のチョコは「ブロンド」と言えそうですね。。

第四のチョコ・ルビーチョコ、ブロンドチョコ まとめ

(C)Callebaut-Kohei Ogata

2つの第四のチョコ、ルビー・ブロンド比較結果

2つのチョコレート、ルビーとブロンドを比較してみた結果を表にまとめました。

種類 ルビーチョコレート ブロンドチョコレート
味わい フルーツのような爽やかな酸味 ビスケットのような香ばしい香り
塩キャラメルのようなあまじょっぱさ
鮮やかなピンク色 ブロンズ色
成分 カカオマス、カカオバター、粉乳、砂糖 カカオバター、粉乳、砂糖
これまでのチョコでいうと ミルクチョコの仲間 ホワイトチョコの仲間

このような違いがあります。

これからが楽しみな2つの第四のチョコ

これまでの3種類のチョコレート

  • ダーク
  • ミルク
  • ホワイト

が登場してから、どちらも70〜80年ぶりの新ジャンルのチョコレート。

こういったことを踏まえてみると、どちらもこれからが楽しみになってきますね。

 

新しいルビーチョコレートとブロンドチョコレートを使って、どんなお菓子が出てくるのか、胸が膨らみますね。

お菓子を手作りしたら…
  • 焦がしちゃった。
  • スポンジがふくらまない。
  • 分離しちゃった。
こんなお悩みはありませんか?
プロのパティシエがお菓子作りのコツをLINEでお友達になってくれた方限定で、こっそり教えちゃいます!
タイトルとURLをコピーしました