チョコレートの美味しさを守る正しい保存方法。美味しく食べるコツも解説

まきちゃん
まきちゃん

ねえ、良いチョコレートもらったんだけど、暑いところに置いたら溶けちゃうから冷蔵庫に入れようと思うんだけど、冷蔵庫で保管しても大丈夫?

トモさん
トモさん

ちょっと待って。

いきなり冷蔵庫に入れるのはあまりよくないよ。

 

まきちゃん
まきちゃん

じゃあ、どうしたらいいのよ。

トモさん
トモさん

はいはい、ちゃんと教えますから!

ということで。。

意外と知られていない?チョコレートの保存方法。

せっかくの美味しいチョコレートを美味しさを保ったまま保存するにはどうしたらよいか。について詳しくご説明します。

スポンサーリンク

美味しさを守るチョコレートの正しい保存方法

チョコレートを保存する最適な温度は?

チョコレートが一番よくないのは

急激な温度変化

です。

極端に暑いところでも、極端に寒いところでもダメなんです。

基本的には

  • 涼しくて
  • 直射日光の当たらない
  • 近くに強い匂いのするものがない

場所に保存するのが大事です。

板チョコのような純粋なチョコレートの場合

板チョコなどの純粋なチョコレートであれば20℃程度で保管しましょう。

気温が20℃以下であれば、室内で保存してもOK。

しかし、季節によっては室内の温度は変わりやすいので注意してください。

車の中にほったらかし、というのは冬でも日中は高温になることがあるのでもってのほかですね。

ボンボンショコラ・生チョコなどの場合

ボンボンショコラや生チョコなどは、チョコレートの他に大抵生クリームを使っている場合が多いです。

生クリームはもともと熱に弱い食品です。

チョコレートも温度にはとても敏感ですので、冷蔵庫での保存がオススメ。

チョコレートの賞味期限

チョコレートの賞味期限は、チョコレートの形や内容、種類によって様々。

特に、生クリームを使ったボンボンショコラや生チョコは、水分が多く含まれるので傷みやすい。
なので、普通の純粋なチョコレートに比べて、賞味期限は短めです。

 

チョコレートによって、保存方法も賞味期限も違うので、パッケージに書いてある方法で保存するようにすればOKです。

あとは、賞味期限の前でも早めに食べることが、一番美味しく食べるコツですよ♪

冷蔵庫でチョコレートの保存はOK?

一般のお家でチョコレートを保存するには、冷蔵庫での保存が一番ベストな環境だと思います。

ですが、一工夫することでチョコレートの美味しさをできるだけ保つ事ができます。

  • アルミ箔、オーブンペーパー、ジップロックで包む
  • 冷蔵室ではなく、野菜室に入れる

これだけでかなり違います。

チョコレートを何層にも包むことで、チョコレートに対して急激な温度変化を起こすことがなくなります。急な温度変化はチョコレートの大敵です。

冷蔵室ではなく野菜室で保存したほうが良いのは、野菜室のほうが少し温度が高めに設定されているからです。冷蔵の場合2〜6℃程度、野菜室は3〜8度程度というのが一般的です。

ちなみにプロのショコラティエは専用の冷蔵庫を使用

ちょっと余談ですが、プロのチョコレート職人:ショコラティエはどうやって保管しているかというと、

チョコレート専用の冷蔵庫「恒温高湿庫」

というものを使ったりしています。

ちゃんとお家でチョコを保管したいならワインセラーがオススメ

プロ用は恒温高湿庫と言う冷蔵庫を使います。⬇️


普通の家庭には置けませんよね。こんなの。

でも、ちょっとオシャレで条件が近いのが「ワインセラー」
ワインの熟成保管する温度は15〜16度くらい。水分量の多い生チョコやボンボンショコラはあまりオススメしませんが、純粋なチョコレートならば大丈夫です。

正しい保存をしないと白っぽくなってしまう場合も

チョコレートを正しい方法で保存しないと、表面が白っぽくなる場合があります。

チョコレートのブルーム現象と呼ばれるもの。チョコレートの表面に油脂分や糖分が出てきてしまう現象です。

食べても直接害はありませんが、風味や食感が損なわれてしまうので、正しい保存方法を心がけたいものです。

チョコレートのブルーム現象について、これってカビ?チョコレートが白くなるブルーム現象とは。再利用法解説!の記事に詳しく書いていますので、白くなっちゃったチョコレートどうしようとか、なぜ白くなるのか知りたい、という方は是非ご覧ください。

冷蔵庫で保存したチョコレートを美味しく食べるために

冷蔵庫で保存したチョコレートは冷えた状態で、すぐに食べると本来のチョコレートの風味を感じにくい状態になっています。

冷蔵庫で保存したチョコレートを美味しく食べるためには

室温で15〜30分程度おいて室温に戻すこと

チョコレートの美味しさが一番引き立つのが20℃くらいなんです。20℃というのはチョコレートに含まれる油脂分のカカオバターがゆるまり、なめらかな口どけが感じられる温度。

冷蔵庫から出したら、コーヒーや紅茶を淹れながらゆっくりと待って、美味しいタイミングを待つのも良いかもしれませんね。
美味しいチョコレートのあるティータイム。良いですよね。

より美味しくチョコレートを食べるには保存方法も大事

チョコレートを美味しく食べるためには、保存方法も大事なポイント。

保存方法の違いによっても、味わいが変わってきます。

もちろん、食べ物なので早めに食べることがベスト。でもどうしても食べきれない時とか、ちょっとずつ食べたいと言った時には、この記事で紹介した方法を試してみてくださいね。

では、美味しいチョコレートライフを♪

 

タイトルとURLをコピーしました