ショコラティエとは?仕事内容・資格・なり方・進路など解説します。

ショコラティエ。と一口に言ってもその仕事内容や必要な資格、どうやったらショコラティエになれるのかなど、詳しく解説します。

トモさん
トモさん

僕自身、ショコラティエとして自分のお店で働いています。

1シーズンに1人で1万粒以上ものボンボンショコラを作っているよ。

そんな経験も詳しく話しますね。

この記事を読むと

  • ショコラティエはチョコレートの専門家である
  • ショコラティエになるための資格は、特に必要ない。
  • ショコラティエになるための進路は、製菓専門学校行っておけばOK.

ということがわかります。

スポンサーリンク

ショコラティエとは?

ショコラティエってどんな人?

ショコラティエ(Chocolatier:フランス語)とは

チョコレートを使うお菓子のスペシャリスト。専門家のこと。

チョコレートを使ったデザートやケーキ、もちろんチョコレートのボンボンなどを使ったお菓子を得意とする洋菓子職人のことを言います。

ショコラティエの仕事内容

ショコラティエは前述の通り、チョコレートを中心としたお菓子作りの専門的な知識を持った洋菓子職人のこと。

ショコラティエの仕事は、パティシエの仕事とも似ています。

お菓子作りの中でも、大きな分野として捉えられているチョコレート。

チョコレートは温度や品質の管理が難しく、加工するのも専門的な知識や技術を必要とします。

そのため、ショコラティエは、チョコレートを溶かしたり柔らかくしたり、型を使って固めたり。ケーキやデザートの飾り付けに使うチョコレートのパーツを作ったりと行った仕事をしています。

ショコラティエの一番忙しい時期は、バレンタインの直前、クリスマスからバレンタインまでの1月頃。たくさんのチョコレートのお菓子が売れるバレンタインに向けて、様々なチョコレートを使ったお菓子を作ります。

  • チョコレートケーキ/ムース
  • フォンダンショコラ
  • ボンボンショコラ
  • チョコクランチ
  • アーモンドチョコ
  • チョコレートテリーヌ

などなど。

ショコラティエに必要な資格

ショコラティエになるために、必要な資格は特にありません。

でも、持っていたほうがいい資格として

製菓衛生師

という国家資格があります。

お菓子を作る上での衛生面のことや、お菓子作りに対する考え方、栄養学などを試験で問われます。

この製菓衛生師を取得するためには、

  • 製菓衛生師の取れる製菓専門学校で1年以上勉強する
  • 2年以上お菓子を作るお店や会社で働く

このどちらかの条件を満たす必要があります。

ショコラティエになるための進路と就職先

ショコラティエになるために一般的な進路は

高校卒業後、お菓子の作り方を学ぶ「製菓専門学校」に進学した後に、パティシエ・ショコラティエとしての基礎的な知識を学ぶことです。

また、高校卒業後に大学で栄養学や食物学の学部学科に進学して、広く食物の知識をつけてショコラティエになるために就職をする進路もあります。

専門学校や大学で勉強をした後の進路は、パティスリー(ケーキ屋)や洋菓子専門店、ショコラトリー、チョコ専門店、ホテル、お菓子メーカーなど。

ショコラティエになりたいと思ったら

独学でも、未経験で働くのもいいと思いますが、

一番の方法としては製菓専門学校で勉強するのが良いのかなと思います。

ショコラティエになるための勉強ができる専門学校はスタディサプリ進路「ショコラティエ」をみれば一目瞭然です。

まずは無料で資料請求してみては?

無料で資料請求!

学校卒業後の就職先は

専門学校や大学で勉強をした後の進路は、

  • パティスリー・洋菓子店・ケーキ屋
  • ショコラトリー・チョコ専門店
  • ホテル
  • お菓子メーカー

などがあります。

就職先で勤務をしながら、様々なお菓子にの製法や、知識と技術をつけていきます。

その中で、チョコレートの作り方や取り扱いも学んだ上で、やがて、チョコレート部門を任されるというようなキャリアが一般的です。

また、技術や経験を積んで、ショコラティエとして独立し、チョコレート専門店を開業する人もいます。

ショコラティエとは?仕事内容や進路まとめ。

ショコラティエはチョコレートの専門家!

繰り返しになりますが、まとめとして

  • ショコラティエはチョコレートの専門家
  • チョコレートを使ったお菓子作りのスペシャリスト
  • ショコラティエになるには、資格は特に要らない
  • ショコラティエになるには、製菓学校に行けばOK
  • 就職先でチョコに触れる機会を多く持つようにしよう

ということですね。

ボンボンショコラを1シーズン1万粒作る僕の場合

トモさん
トモさん

ショコラティエとして働くようになったのは、

自分のお店を持ってからでした。

もともと僕はサラリーマンをしつつ、たまにお店の手伝いをするときにチョコを作っていたのがきっかけ。

チョコレートの魅力は、つやつやした光沢と、宝石のような見た目です。

キラキラしたボンボンショコラをみて楽しそうなお客さんの笑顔をみるとすごくやりがいがある仕事だなと思います。

僕は全然有名ではないですが、日本には世界レベルの有名ショコラティエがいます。

トップショコラティエの方々は独立されてお店を持っている方がほとんどなので、そのお店の門を叩くのも方法だと思います。

また、チョコレートのメーカーが、チョコのことを勉強できるスクールをやってるので、仕事の休みを使って勉強しに行ったこともあります。日本国内だと

  • カレボー
  • ヴァローナ

が、1日〜数日で受けられるセミナーや実技講習会をやっていますので、挑戦してみてね。

これからショコラティエを目指す方に

ショコラティエになりたい、ショコラティエに興味があるという方。

製菓専門学校の情報もありますよ。ぜひ見てみてくださいね。

今回はここまでです。読んでいただいてありがとうございました♪

無料で資料請求!
タイトルとURLをコピーしました